耕作放棄地を見える化する

ACTABA

Sagriが提供する「ACTABA」は、機械学習(AI)を活用した耕作放棄地を見える化するサービスです。

 

農業従事者の高齢化等に伴い、耕作されなくなった農地の発生、いわゆる耕作放棄地の問題が危惧されています。

全国各市町村の農業委員会は、農地法に基づき、毎年1回、管内の農地の利用状況を調査し、遊休農地の所在を確認しています。

当社は、このように人が広範囲に目視確認を行うことに対して、衛星データ x AIを活用して耕作放棄地であろう確率をご提示するサービス「ACTABA」を展開しております。

AIを活用することによって、使えば使うほど精度が上がります!

つくば市、裾野市など、各地で実証実験が始まっています。

ACTABA導入で変わるつの特徴

衛星データに筆データを合成。農地ごとのデータがわかります

衛星データに筆データを合成し、調査範囲にある農地のデータを取得できます。

農地ごとに分析し、農地の荒れ具合を可視化

土壌データを元にそれぞれの農地を分析。その結果を元に、耕作放棄地率を表示します。

データをもとに踏査候補を絞って調査予定を作成できます

踏査候補地をデータから選択し、タブレットをみながら現地調査できます。

詳細はこちらから

ACTABAの詳細はこちらから。パンフレットをご確認ください。