農業委員会事務局の皆様、市町村職員の皆様へ朗報です
毎年大変な”農地パトロール調査”は
衛星×AIに任せる時代になります
ACTABA(アクタバ)なら、
これまで目視で確認していた農地の状態をアプリ上で
閲覧することができます。
令和2年度農村振興局による農地利用状況調査の実証事業にて
農地パトロール要項の改定がされれば
衛星データが目視確認の代替可能となる結果が示された。
そこで登場するのが
ACTABA(アクタバ)です!
ACTABA(アクタバ)を使うことで
これまで大変だった農地パトロール調査が楽になります!
ケース1
農地パトロール調査が大変
毎年、たくさんある農地を、農業委員や推進委員のみなさまで確認。
農地が多すぎて全部見るだけでも一苦労・・・
しかも人によって目視の確認基準がバラバラだから、まとめるのも大変!
ACTABAを使えば
衛星データで調査の9割を削減!
衛生データを使って農地の耕作状態を分析。
すべての農地を目視で確認していた農地パトロールの範囲を9割削減することができます。
ケース2
地図の作成が大変
調査状況を把握するために白地図にマーカーで線を引く作業。
地図を場所ごとに用意しないといけないし、まとめるのも一苦労。
委託しようにも、結構な委託費がかかってしまう
ACTABAを使えば
地図の作成が不要に!
衛生マップを使って管理するのでいちいち地図を作らなくても、タブレット1つで 調査が可能に。準備業務がほとんどなくなります。
ケース3
台帳システムへの入力が大変
白地図の調査結果をもとに、台帳システムへ情報を入力。
市町村の台帳システムと国の台帳システムに入力しないといけなくて、しかも手入力
だから作業時間がかかって大変!
ACTABAを使えば
台帳システムへの登録がたったの30分で!
登録した農地の情報をデータ出力することで、国の台帳システムの入力を自動化できます。
これまで手入力で行っていた国の台帳システムへの登録が、わずか30分で完了!

ACTABA(アクタバ)の使い方

ACTABAで分析
衛星データから農地情報を分析します。過去データを入力すれば、さらに細かな分析も可能です。
パトロール調査
分析結果をもとに農地のパトロール調査を行います。
事務局で管理
分析情報と調査情報をまとめて、事務局で農地データを管理します。
ACTABAが学習
ACTABAが調査結果を学習し、AIによって次回以降の農地分析の精度を高めていきます。

ACTABA(アクタバ)の使い方

ACTABAで分析
衛星データから耕作放棄地である確率を圃場毎に示します。過去データを頂ければ、さらに精緻な解析も可能です。
パトロール調査
分析結果(耕作放棄地率)をもとに誰が、どこを調査するかアプリ上で割り振りを行い、農地のパトロール調査を行います。
事務局で管理
分析情報と調査情報をまとめて、事務局で農地データを管理します。
ACTABAが学習
ACTABAが調査結果を学習し、AIによって次回以降の農地分析の精度を高めていきます。
タブレットを持って現地調査、その場で判定結果を入力、農地の状態を写真撮影し、保存することもできます。
タブレットから送信された調査結果をもとに全体を管理できます。
耕作放棄地が一目瞭然!
農地の活性化に向けた施策を生み出せます
みなさんもACTABA(アクタバ)を利用してみませんか?